部屋探しの前に

部屋探しの際に、自分の住みたい部屋の希望がいくつかあると思いますが、
その条件で部屋を探してみると、自分が思っている以上に家賃の高い部屋が多いと思います。
引越し費用のことなど考えると、初期費用など極力抑えたいところですよね。

そこで、細かい条件はいくつか妥協するということも出来ますので、
一般的に重視されている部屋探しの条件と言うのを今一度考えて見ましょう。広島 賃貸をお探しならアルファーランドを利用してみるといいでしょう。自分の条件に合った物件が勢揃いです。

一人暮らしで住みたい部屋の条件とは、なんぞや~?
これからアパート経営をする方も注目ですよ!

世間一般の一人暮らしで住みたい部屋

自分も最初は分かりませんでしたが、
音・広・光の3つが重要視されているらしい。


これは、みんなも重要視するであろう、遮音・防音の事。

部屋でくつろぐ時や、何かをしようと集中する時、
仕事や学校から帰ってきたときに隣の部屋から音が漏れて
騒がしかったら、落ち着けませんよね。

落ち着けもしないし、安らげもしなければ、
一人暮らしで選ぶ部屋の意味が無いです!
こんなとこでの一人暮らしなんてゴメンだZE!

と、みなさんこうなるでしょう。
音の漏れない静かな部屋!
これが部屋探しの条件の最大の条件でしょう。

幸い、賃貸マンションなら、この点は大丈夫だと思います♪

広さ
例えが極端なのですが、
一人暮らしの部屋の大きさが2畳(こんな物件はありませんが)だとすると
狭くて不便どころか生活が出来ません(笑)
逆に部屋が20畳あったとしても、
一人暮らしの部屋だと広すぎて落ち着かないでしょう。
個人差はあると思いますが、皆さん、このような考えだと思います(笑)

一人暮らしの部屋は、やはりバランスだと思うのです。
個人的には、キッチンが別であれば
6畳の部屋ぐらいで丁度いいんじゃないでしょうか?
若干大きかったり小さかったりするかもしれませんが、
一人暮らしをするときの部屋探しの基準となる
部屋の広さは6畳だと言われております。


これは、部屋に入ってくる光量のことではないでしょうか?
朝日が指す部屋、西日が指す部屋好みの問題はありますが、
一人暮らしするのであれば、部屋に太陽の光が入るのはいいことです。

人間にも光合成は必要です!(笑)

さて、真面目に考えて見ましょう。
昼間光が入る部屋であれば電気をつける必要もありませんし、
洗濯物も良く乾いてくるでしょう。

たまの休日に光をポカポカ浴びながら小説を読んだり
ゴロゴロするのはとてもリラックスできます。

一人暮らしでこのようにリラックス出来るのは案外重要だったりします。

あとは、あれですね。部屋が暗いと、変な方向に転がりやすそうです・・・
引きこもりとか・・・腐ってくるとかとか・・・(゜ー゜;Aアセアセ

Favorite

最終更新日:2018/1/29

Copyright 2008 © 一人暮らし用賃貸マンション部屋探し All rights reserved.