部屋探し、結局は…

実際に一人暮らしをしていくと気づいてくるのですが、
自分で部屋探し等をして、決めた賃貸マンションとかは
住んでいるうちに段々と愛着がわいてきます。

賃貸マンションで若干古かったり、不便な所があったとしても
不快に思わなくなったり、逆に快適な所を見つけたりと
そういう風に変わってきます。

実際、自分もそのように感じる経験というのはしてたりします。

入り口が狭かったり、台所スペースが小さかったりと
一番最初に借りた賃貸物件がちょっと不便な賃貸物件だったんです。

だけど、入居したてのころは、一人暮らしなのに不便なのは嫌だなと
思ってたんですが、不思議と気にならなくなってくるんですよ。
自分自身が部屋になじんでくるというか、対応しているというか。
とりあえず、不思議なんだけど気にならなくなるんですよ(笑)

仕事で疲れて帰ってきたときに、逆にこの狭さが何か落ち着いたりとか(笑)
『あぁ、帰ってきたな・・・(笑)』みたいなね。

変なんですけど、普通に快適な一人暮らしを送れるようになっているんですよね。

ひょっとしたら間違っているかもしれませんが、
これが住めば都という奴かもしれませんね(笑)
何故か帰宅するときに、安心するんですよね。

実際に住んでみたら、このようになって来ると思いますので
部屋探しは、譲れないとこだけを決めて、そこ以外で妥協したとしても
貴方にとっては、良い自分の部屋になると思います。

みなさまもきっと、住めば都という言葉が分かるようになってくると思います。

pickup

Last update:2018/12/3

Copyright 2008 © 一人暮らし用賃貸マンション部屋探し All rights reserved.